ガウディとサグラダ・ファミリア展

ガウディとサグラダ・ファミリア展』行ってきた。

ボスステージの柱

構成が整理されていてガウディから現在のサグラダ・ファミリアとその影響までの動線がしっかりつながるよい展示だった。なんとなくのイメージだったガウディくんが結構はっきりした。

けど入場制限とかないので死ぬほど混んでた。
自分が行った時間帯が土日の日中だったせいもあるのだけどカップルなどがみっちり詰まってた。
パネルでの説明や小さめの画面での動画、図面とかの細かい展示が多いので空いてる時間帯に行った方が絶対いいと思う。

今回のは解説的な面が大きいのでまだいいが、作品の実物が中心の展覧会とかの場合って人が多いと見た気がしない。
コロナ流行中はどこも時間指定制だったけど、あれずっと続けるのってやっぱ大変なのかなあと思うし、人任せにせずにちゃんと平日休み取っていくようにします…。

 

最寄りの竹橋駅から歩いてすぐの神保町に立ち寄ってお昼を食べた。竹橋駅から神保町に向かうルートってでかめの変わった形のビルがずどん!と並んでいて建物一つ一つを見るのが面白い。
お昼はビルで上がったテンションのままロイホでステーキ食って豪遊しました。ロイホの特別感は異常。

 

帰りの電車で椅子が↓みたいな状態になっていて(〇が開いてる場所)、連れと「そっちが座りなよ」って言い合ってたら
○人○人○人

座ってた人が避けてくれて3席分がばっと開いてありがた面白かった。ありがとう座っていた人達。
←   →
人○○○人人