【イラスト感想】不死身お姉さん

不死身ネキ

絵を描いた。今回は色気のある絵にしたかったのだけど、あんまりそういう方向にはできなかったので反省。

ラフ

今回もラフは手癖で描いてしまった。ちょっと頭が大きかったかもしれない。アオリの姿勢なのでサイズ調整は慎重にするべきだった。

線画

今回は『デジタルイラストの「線画」描き方事典』の「01 ペン線画」を参考に描いた。この手法は、CLIP STUDIO ASSETSで配布されているオイルパステル(カスタマイズしたもの)で、線のサイズを変えずに描いていく。線の太さ調整は重ね描きして行う。
線の太さを気にせず描けるのはいいが、線の太さに細やかな調整が必要に思えて結構大変だと感じた。自分の画力では、線の太さを調整しきれなかった場所が平坦に見えてしまった。(左手とか)

髪部分は線を引かずに髪のシルエットで塗りつぶしてアウトライン縁取りをした。塗りつぶしのアウトラインがあまりスムースでなかったので、ところどころカクついてしまった。髪の描き方はもう少し考えたい。

配色

今回の配色は『きれいな色の本』から拝借したものの、パンツなどは後でそれなりに調整した。今回は髪色は灰で決まっていたので、組み合わせの総当たりはしなかった。
右胸に入れたピンクのシンボルはうまくいったと思っている。

彩色

ベルトの部分を金属っぽくしたかったが、バックルはうまくいかずストライプ模様みたいになってしまった。金属パーツの塗りを解説した本(『神慶がしっかり教える「厚塗り」の秘訣』など)があったのに見なかったの大反省。

ベルトについては布部分はそれなりに立体感出せたのではないかと思っている。素材の質感もだせたらいいな。

後ろ髪にはスクリーンで青色を乗せて空気感をだそうとしたけど、全体的にデザイン的な絵だったのであんまり空気感はでなかった。色味が増えたのはリッチな感じがしていいと思った。

背景

刀持ちなので、かなりやっつけながら斬っている軌道をイメージした。右上が寂しかったので最後に枠を追加し、ところどころ削ってサイバーっぽくした。

仕上げ

色合いはいつものごとくグラデーションマップを適用した。また、今回は雰囲気的に合いそうなので色収差プラグインを適用してみた。

その他

今回、キャラが持っている武器はBlenderでモデリング→FBX形式でエクスポートしてクリスタにインポートした。Blender→クリスタのインポートについては別途メモを残したい。